農業を行う上で必要になる様々な機械を安く購入して高く売る

自分で育てる

自分の手で育てた野菜を食べたい

最近少しずつ、耳にするようになってきた「貸し農園」をご存知でしょうか。 その名の通り、農園を借りて、農作物を作ると言うものです。 家庭菜園という言葉は良く聞きますが、実際やってみると、うまく育たなかったなんってことも多いのではないでしょうか。 その点、この貸し農園ならば、用意された良い土壌、農具や肥料も完備されていることが多く、簡単に始めることが出来ます。 また、プロによる栽培サポートもあるので、初心者でも安心です。 さらに嬉しいことに、本来毎日のお世話が必要な農作物でも、きちんと管理してくれると言うことではないでしょうか。 少しでも家計の負担を減らしたい、または、野菜嫌いな子どもに「食育」として、経験させたいという方たちの利用が、これからは増えていくのではないでしょうか。

貸し農園を利用するに当たって注意すること

貸し農園は、各地に存在していますが、まず事前に下調べや問い合わせをきちんとしましょう、 限られた土地を利用していますので、ここがいい、と思ってもあき区画がない場合がありますので注意してください。 また、ぷろのアドバイザーが存在するからといえ、すべてをお任せするのはよくありません。 毎日通うのは難しくても、週末や、少し時間が空いた時など、少なくとも週に一度くらいは貸し農園まで様子を見に行きましょう。 それでこそ、自分で育てた農作物、と言うことになり、愛情も出てくるものです。 もちろん毎日でも農作業がしたいが土地がない、と言う方にもおススメです。 そんな方のために、2年目以降も継続して利用できる制度も整っています。 アドバイザーの方とよく相談の上、自分にあったスタイルを見つけましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright© 2015 農業を行う上で必要になる様々な機械を安く購入して高く売る All Rights Reserved.